上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいPCを紹介します。

と言っても部品入れ替えただけですが、今回は殆ど総入れ替えと言っても良い状況です(・・*)ゞ

しかしやっとこの記事が書けるんだな・・・昨日は夜中にレポート書いてましたからね。

一週間もあったのに、いきなりどんな生活してんだよとか言われそうですが・・・

でもちゃんと綺麗に解けたのでちょっと感動した。あくまで、ちょっとね(^^;

今回はARKで全て頼みました。

というかグラボ以外実家のPCと同じですか(^^;

届いたのはコチラ。


えぇ、です。

_DSC3423.jpg




ちょっと内職でもしようかと思いましてね・・・

本当は違います(^^; ARKは梱包が毎回これなんですよ(笑

蚕みたいでしょ?このまま捨てるしかないので結構困りますけどね(笑



本当はコッチ。


_DSC3424.jpg



グラボがなんだかデカい・・・23cmあるみたいです。

ケースによっちゃHDDと干渉するらしいですが、EATXの自分にはそんなの関係ない(笑

お陰で場所とりますけどね・・・ね



で、電源から熱風が出てくる元凶はコイツ。


_DSC3419.jpg



もうANTECに乗せ換えてるので分かり難いかもしれませんが、前のは14cmFANが下からし吸気してました。

そこに直接CPUFANが・・・ってわけで電源が早く逝ったのだと思います(´・ω・`)

ASUSがCPUの向きを間違えてたのよ。

それかINTELがリテンションの向きを生じさせたのが悪い・・・

LGA775は大丈夫みたいですね。CPUクーラー付ける時気がついたのですが、正方形らしい。

んでまぁぼちぼち作業して、2時間かからずにケーブルを纏めるまでの全ての作業が終了。


_DSC3428.jpg



やっと手に入れたストレート排気・・・ちょっと念願だったりします(^^;

試しにCPU温度測ってみますが、定格駆動ではLOADING時(高負荷時)に50℃いくかどうかというところです。

やっぱりかなりの冷却力。前のも50℃いきませんでしたが、こちらはQuadですからね~

TDP120Wだっけ?前のがPentium4 3.0CGHzで、確かTDP90Wだったような・・・

ま、とにかく満足です♪



CrystalMark2004R2でベンチとってみました。

これが以前の結果。定格駆動です。

WS40858.jpg


めいぽも全部これでやってました。当時としては高性能だったのに(><;




ASUS AUTO OC SYSTEM にて5%OCした時がこちら。

WS40861.jpg


全然伸びてないからダメですね・・・

しかもこれ以上あがらないという。一番OCしにくい時代のCPUですからねぇ。




これが現在の構成での測定値。@定格

WS40863.jpg



18万ってもう・・・って感じです。

何よりも以前の構成での全スコアがこのQuadCPUだけで叩き出されてしまうのがなんともいい難い。



Q6600といえば・・・

高いOC耐性ですよね(・∀・)

ということでちょっとだけやってみました。あ、ちなみに自分のはG0 Steppingです。(一応確認、ね)

メモリ→400MHz PCIE→100MHzに固定してBaseClockを上げていきます。

後はAUTOという非常に簡単なやり方です。

だってManualでやるとTry&Errorの連続で面倒ですもん(・・*)ゞ

勿論結構やってみたんですが、ASUSのAUTOはかなり信頼できるのでAUTOで十分です。




FSB→300MHz @2.66GHz

WS40867.jpg


あっさり20万越えで満足(。・ω・。)

PWMでCPUFANをコントロールしてるのですが、LOAD時で60℃ぐらいで収まります。

まだまだ全然OKです(笑



FSB→333MHz @3.00GHz

WS40868.jpg



こういとも簡単に3GHzにできてしますのが最近のINTEL。

スコアもまだまだ伸びてますー。

一瞬ですがCPUは78度までいきました。

LOAD時70℃近くで推移します。ちなみにVcore=1.28Vでした。



っと、3.6GHzまでやりたかったけど、時間が無いのでここでやめました。

ちなみにPWM制御なんで、まだまだ回せると思うので、3.6GHzは面白そうです(・∀・)

3.6Gまではどんな固体でも大丈夫なハズ・・・

冬場は3G常用しようかな?電熱器も兼ねてくれますし(爆



ここで一旦UCもしてみました。BaseClock、MemoryClock変えずにCPU ratioだけ変更します。

デフォは9ですが7にしてみました。1866MHzでの駆動です。


WS40869.jpg


お、リニアにスコアが下がってる・・・けど発熱そんなに変わらないみたいorz

VcoreのManual設定が1.10Vまでなんでやっぱあんまり意味ないですね・・・

ちなみにAUTOでは1.08Vでした。これは定格CLOCKと同じ。

やっぱBaseClockも下げなきゃならないのかな?

とりあえず現状ではUCの意味は無さそうです(爆





まぁ、結論から言いますと、冬場に少し上げた状態で常用して、

あと今日はガンガン写真を焼くぞーって時はOCするんだと思います(笑





長くなりましたがこんなもんで。

明日は桜の写真UPします(゚∀゚)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://griffith.blog33.fc2.com/tb.php/112-f679856d
Copyright ©斬るGriffith All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。